任意整理の費用について

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済の任意整理にかかる費用

借金返済計画の立て直しにはまず、今現在の借金の状況を正確に把握する必要があるでしょう。任意整理をするためには弁護士か司法書士に手続きを依頼しなくてはいけません。そして任意整理をするためには自己破産、個人民事版再生とは違い、弁護士や司法書士に報酬を支払わなくてはいけません。一応の報酬規準というのはあるようですが、その弁護士、司法書士によって考え方は様々ですし、仕事内容にも左右されるようです。例えば借金の返済額や、何社からお金を借りているかによって左右されるということです。中には最初に着手金20万の支払いが求められることもありますが、この支払いが出来ないとそもそも依頼出来ないことになります。その場合、個人民事版再生や自己破産を選択することになります。忘れてはいけないのはこの場合、支払い額がむしろ高くなってしまうことがあるということです。

 

口臭に効くサプリを教えてもらえませんか?

借金返済金融監督庁の取立て規制

金融監督庁の提示する取り立て規制には、はっきりと違法な取り立てがどういうものかが示されています。大声を上げて恐喝まがいのことをしたり、暴力的な態度で脅すことを禁じているわけです。ちなみに取り立てに3人以上で行くことも禁じられています。もちろん私生活の妨げになること、勤務先に訪れること、夜9時以降の電話、訪問攻撃、自宅への張り紙や落書きなども禁止されています。また直接取り立てとは関係ありませんが、お金が返せない時に他のカード会社から借金をしてでも返済することを勧めることも禁止されています。つまり多重債務を勧めることを禁止しているということです。加えて借金が返済出来なくなった時に専門家に借金整理を依頼してでも借金を返させようとすることも禁じられています。こういったことを守らない業者は懲役や罰金となります。

借金返済過払い請求

借金は色々な所で出来ますが、その中で最も悪質なのはヤミ金融でしょう。ヤミ金融はそもそも違法ですので、正式な手続きを済ませれば、支払いをする必要はありません。ですのでむしろ最近流行のアコムなどの消費者金融の方が恐い所なのかもしれません。こういった会社はヤミ金と違って合法ですが、カードローンというのは多重債務に陥りやすいという特徴があります。こういった会社の中でも利息制限法を守らず法外な利子で営業している所には特に注意が必要です。そういう会社は出資法は守っているという言い訳をして、弁護士を通して話をしてくれと要求してきます。でも実際は弁護士も本人の代理人でしかないので、実際本人が訴えるのとあまり変わりはないのです。こういう会社に悩まされている方は個人でも訴訟を起こせる不当利得返還訴訟で対抗することをおすすめします。